FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 07. 25  
思索に耽る明方は、何と無く、お一人様同士の楽しみ方を匂わせていた頃の言葉の泡が、引き出しの奥から音をたてながら浮かびあがってくる

そんな場所で読書に耽るのも素敵だねと、そんな記憶がよみがえってくる

ふと思う布団の中

今度の休み
城崎温泉に行こうかと

栞を差した、志賀直哉ゆかりの宿を久し振りに探し眺める

素敵だなと選んだ部屋は、無情にも二人から出ないと、泊まれないらしい

色々見てると、頼んでも無いのに、こんなプランまで用意されているので困る

季節的にも寒い時が良いなって言ってたのだが…

此の時期は、平日毎日花火が打ち上げられるらしい。

一人旅プラン♪文豪ゆかりの日本旅館で温泉情緒に浸る

http://www7.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/mikiya/plan/66401

それも良いと迷いの森をウロウロとしていたが

蝉が目覚めて
喧しくなってきたので

考えるのを辞めたくなった

じゃらんで探し
ボタンを押した

簡単な事だ 決めるのは

暗夜行路
そして 城の崎にて

上から行くか?
下から行こうか?

また迷う

おはようございます。
おやすみなさい。。

あの時空に流れた物は
やっぱりただの偶然なのだろうか。。
スポンサーサイト
2014. 07. 24  
四十路を迎えるまで
あと一年と数ヶ月

新しい扉を進む前に
今出来る事を精一杯やろう

と思った

扉はもう開いている
その先に見える景色を

素晴らしい物にしたいから
綺麗に年輪を拡げたいから
あなたと一緒に越えたいから

今度の扉を抜ける前は
準備をしっかりとしていこう

と思う

二十路の頃
直ぐに折れてしましそうな虚勢と勘違いの使命感

年輪は激しく波打つ凹凸模様
本能の赴くままに、意のする方へ極端に拡げていった

三十路
飛び出た突起物は折れ、凹んだ穴だけが残る、自己嫌悪と反省

自分の殻に閉じこもり自我に支配される事を選んだ
過去の過ちを埋める様に狭い世界で暮らす
凹凸は丸みを帯びてゆけど、世界は色褪せてゆく

そして去年
優しさを知った 優しくなれること
大切な感情がよみがえった
人を愛すること

今ここに立ち
次の扉の向こうの
拡がる景色を想像する

其れはとてもシンプルな事

健康でありたい
愛する人のために 生きてゆきたいよ
あなたと過ごせたらきっと世界は色づく

そして

絶対とか永遠とか
そんなものは信じないけれど

これから続く道を
少しでも長い時間 あなたとすごしてゆきたい

重い扉が二人の前に現れたら
一緒に手を添えて 開いて進みたい

後ろの扉より
過去が二人を引き戻そうとしても

手をつないで 心を結んで
前に進みたい

愛する人と あなたと  生きてゆきたいよ

其れぞれの夢
隣りで眺めて 応援して
苦しい時は いっぱい話そうよ

応援して 励まし合って
支え合って ブレーキが必要なら
それにもなる

愛するからこその叱咤が其処にはあり
足元を気遣いながら

一緒に歩いていこう

一緒に

って思ったんだよ
2014. 07. 23  
Thanks My Dear All
I know you must be struggling with lots of different things,
but I'm rooting for you.

It is various the life
But I still believe it's worth living
And I decided to just open the One Next Door



「人生の扉/竹内 まりあ」

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる

信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fun to be 20
(私は言うの、「二十歳になるのは楽しいこと」)
You say it's great to be 30
(あなたは言うの、「三十歳になるのは素晴らしいこと」)
And they say it's lovely to be 40
(そして、みんなは言うわ、「四十歳になるのは素敵なこと」)
But I feel it's nice to be 50
(でも、五十歳になるのもいいなって感じるわ)


満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
(私は言うの、「六十歳になるのもいいんじゃない」)
You say it's alright to be 70
(あなたは言うの、「七十歳になるのも悪くはないわ」)
And they say still good to be 80
(そしてみんなは言うわ、「80歳だってまだまだ大丈夫よ」)
But I'll maybe live over 90
(でも、私は90歳過ぎまで生きると思うわ)

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
(私は言うの、「弱ってゆくって 悲しいこと」)
You say it's hard to get older
(あなたは言うの、「老いていくってつらいこと」)
And they say that life has no meaning
(そしてみんなは言うの、「人生に意味はない」って)
But I still believe it's worth living
(でも、私は信じてる、生きているって素晴らしいこと)
But I still believe it's worth living
(でも、私は信じてる、生きるって価値があることだなあ)













プロフィール

ryujiwind

Author:ryujiwind
Welcome to my blog

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Special Thanks
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
16296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4409位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月光の導き
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。